会計事務所が教える相続税対策|借金の問題は過払い金返還で対処する

男の人

後見人の代理を行なう

木槌

所有する不動産の売買や、長期で利用する介護施設やサービスの利用を行なう場合、高額な費用が必要となります。通常このような多額な費用を用いての契約を行なう時、だれしも信頼ができる家族や友人などに相談するものでしょう。しかし、契約を行なう人がまともに判断できないような人だと問題となります。不動産の売買を行なう場合、何らかの精神病を患っている人や知的障害がある人となれば、相手の不動産会社側からの言い値で無理やり契約を締結される場合があります。また、介護施設を利用する人が認知症を患っていると、高額な費用での施設利用を強要される恐れもあります。先天的に障害を患っている人であれば、周囲に世話をしてくれる人が代理でこうした判断を行なってくれる場合もあります。しかし、後天的に障害を患った人だと、周りに判断を代行してくれる人がいないため、問題となるのです。本人が気づかない内に進行する認知症などが代表的であり、当人はしっかりと契約を行なっているつもりでも、実際には相手側からいいように利用されてしまう恐れがあります。こうした自分での適正な判断が難しい人のために、司法書士事務所では成年後見のサービスを行なっています。手続きを行なうことで、司法書士が代行して重要な契約を行なってくれます。プロの司法書士がさまざまな手続きを代行するため、手続きの負担も軽減するのです。

成年後見制度を利用する場合、地域の家庭裁判所へと手続きのための申立書を提出しなければなりません。家族が認知症や障害を患った人のために、この申立書を提出することもできます。しかし、適正に手続きを行なうとなると、大量の書類の作成と資料を請求しなければならないため、普段の生活を行いながらこれらの用意をするのは難しいでしょう。専門の司法書士へ依頼することで、家庭裁判所への手続きも全て代行してくれるのです。司法書士の事務所では成年後見に関しての無料相談も行なっています。精神病や認知症を診断された当人からの相談のほか、後見人となるのが難しい家族の人にも、しっかりと対応をしてくれます。無料であるため、一度成年後見の話を聞くだけでも費用の負担は掛からないでしょう。