会計事務所が教える相続税対策|借金の問題は過払い金返還で対処する

男の人

負債の帳消しを代行する

PCを触る男性

消費者金融やクレジットカード会社から多くの融資を受けた場合、負債の大きさに返済が困難となる場合があります。金融機関からの借金は利息の支払いも行なわなければならないため、毎月の返済日に利息だけ払ってやりくりしている人となれば、抱えている負債を一括で返済する方法がないか、日々悩んでいることでしょう。一括で借金を帳消しにできるとして、現在注目されている制度といえば、借金の時効です。金融機関などからの借金は、5年で時効が成立するため、返済義務を帳消しにすることができるのです。時効を成立させるためには、借金をしている金融機関へ時効の援用手続きを行なう必要があります。個人で行なうとなると、相手の金融機関から簡単に阻止されてしまうので、専門の司法書士や弁護士へと相談しましょう。

借金の時効に関する問題は金融機関ならどの会社でも知っていることです。そのため、個人で時効の援用を行なったとしても、すぐに手続きを阻止されてしまうのです。時効の援用問題において、多くの人が陥りがちな問題といえば、時効の中断がなされていたことの見落としです。時効の援用は、裁判所から督促状が届くと時効の期間が中断されてしまいます。知らずに援用手続きを行なうと、時効までの期間が全てリセットされるので注意が必要です。債権者が何度も裁判所へと訴えれば、その分だけ借金の返済期間がストップしてしまうので、時効を成立させることができないのです。時効の援用を行ないたいならば、事前に司法書士や弁護士の事務所へ相談するとよいでしょう。援用が認められる条件をクリアした後、援用に必要な書類の作成代行まで行なうので、手抜かりなく借金の帳消しを行なえます。