会計事務所が教える相続税対策|借金の問題は過払い金返還で対処する

男の人

プロがお金を取り戻す

紙幣

過去に金融機関からお金を借りたことのある人は、過払い金が発生していたかもきちんと調べる必要があるでしょう。過払い金とは、多くの金融機関が行なってきた出資法を利用する過剰な利息請求のことです。利息の上限は利息制限法によって定められていましたが、以前までは出資法によって決められた上限額も存在していました。出資法の上限の方が高かったため、多くの金融機関はこの出資法を利用したグレーゾーン金利と呼ばれる金利を制定していたのです。しかし、近年の利息制限法の改正によって、このグレーゾーン金利も違法となりました。このことを受け、過去にグレーゾーン金利で払い過ぎた金利は返還請求ができるようになったのです。個人で過払い金を請求しようと考える人もいますが、多くの場合金融機関によって請求を拒否されるため、問題となります。大阪の司法書士事務所に依頼することで、確実に過払い金を取り戻してくれます。

大阪の司法書士事務所では、債務整理を行なう人のためにもこの過払い金請求を行ないます。長いローンを組んだ人や、多額の借金を背負っている人となると、毎月の利息を支払うだけでも大きな負担となるでしょう。大阪の司法書士事務所に債務整理を依頼することで、負債による重い負担を軽減させることができるのです。債務整理に有効な手段といえば、過払い金の調査でしょう。もしもグレーゾーン金利によって余分な金利を支払っていれば、いままで払っていた過払い金が返還されるだけでなく、利息の額自体を減らすことができるのです。大阪の司法書士は、今まで支払ってきた返済額から金利の計算を行ない、過払い金があった際には迅速に対処してくれます。さらに、債権者との話し合いによって利息や元金の減額交渉も行なってくれるのです。負債による負担に逼迫した生活を送る人は、一度相談してみるとよいでしょう。